HOME > 鍼灸について

鍼灸について

滅菌消毒された 使い捨てのものを使用いたします。(下図↓)

img_009.jpg

東洋古典医学の視点からカラダ全体を診断していきます
ツボを刺激することで、五臓六腑(肝・心・脾・肺・腎)を整え体の内側からバランスをとっていきます。 
基本は浅い鍼での刺激です。 時には接触鍼(刺さない方法)で体の調整を行ったり、痛みをとることがあります。
当院の鍼灸は東洋古典医療の経絡治療をベースとするものです。カラダの陰陽のバランスをとることがこの治療の極意です。
五行(肝、心、脾、肺、腎)を整え、『気』『血』『水』をよどみなく流しカラダの内と外とのバランスを取ります。

患者さんへの

望診(ぼうしん)=(みる)
聞診(ぶんしん)=(きく)
問診(もんしん)=(といかける)
切診(せっしん)=(ふれるの)

の四つの診断法をもって患者さんおひとりおひとりにあわせた治療を行っていきます。
例えば美容鍼にしてもその効果を出すためには、皮膚の働きとつながりのある肺のツボを使うことで、その効果と持続力に差が出てきます。頭痛や肩コリでも、肩や首だけを治療するのではなく肝や胃のツボを使うことで違いが出でます。

ツライところはもちろん 身体の調子を崩す根本を治療していくことで、より治療効果が出るのです。

そして、原因は人それぞれです。ですので、つかうツボの場所や刺激も十人十色人それぞれになります
手術後やケガなどの外傷の他に 内臓の不調からかくる症状も治療しています
ほかにも多種の治験例があります

例えば・・・
肩こり、腰痛はもちろん坐骨神経痛、ばね指、五十肩、顔面神経麻痺、顎関節症
間質性膀胱炎、アレルギー性鼻炎など なかなか治りにくい内疾患、神経疾患にも対応できる治療法です。

また『小児はり』(刺さずにさするはりです。痛みなく気持ちの良い治療法です。)で子供の一か月
以上長引く風邪症状や夜泣き、発疹、湿疹などにも治療効果があります。

*月一度 小児はり治療会を開催しております。
詳しくは、『セミナー・イベント情報』をご覧ください。

 

お灸

体が悪くなる時は陰陽、気血、寒熱のバランスが崩れていることが要因です。
カラダの弱っているところ、冷えているところに行います。
病にかかりやすい方は、体に『冷え』があることも要因のひとつです。
お灸の熱は深部、患部に届き 芯に残ることが特徴です。冷えている所を補っていきます。
カラダの芯に熱が届きますので、終わった後も温もりが続くのも特徴です。
鍼と併用することでお互いの相乗効果もあります。
例えば、喘息に効いたり、続けることで風邪をひかなくなります。
状態にもよりますが喘息、生理痛、膝痛、シビレや手術後、ケガの後がうずくような症状などにも効果を発揮しています。


このページのトップへ