あき鍼灸院

住所
京都市中京区
東洞院二条上ル壺屋町512-1

電話
075-231-7170

休診日
木曜日午後・日曜日・祝日

HOME > あき鍼灸院 ブログ > 妊娠中の風邪の治療について > 妊娠中の風邪や発熱の治療について

あき鍼灸院 ブログ

< むずむず脚症候群(むずむず病)の治療(鍼、灸、オステオパシー)  |  一覧へ戻る  |  ものを飲み込みにくい、喉のつまり、違和感の治療 >

妊娠中の風邪や発熱の治療について

catch_top03.pngのサムネイル画像のサムネイル画像
こんにちは
 

京都市中京区二条 あき鍼灸院のブログをご覧頂きありがとうございますhappy01

突然ですが 妊娠中の妊婦さん風邪やその辛さを我慢されていませんかsign02

妊娠中の風邪の症状やそれに伴う発熱は妊婦さんにとって大変なことです

妊娠中に服用できるお薬には限りがありますし、多くの妊婦さんはお腹大古さんのことを考えて薬の服用を極力控えます

体を休ませて、回復に努めようとするのですが妊娠中の体の大きな変化は負担となってなかなか風邪の症状が治まらないことが多々あります

精神的にも辛い状態です

そして多くの妊婦さんが我慢しかないと思って辛さを耐えています

ですが、これにはちゃんと治療法があるのです

それが鍼、灸、オステオパシー ですsign01

辛い状態にある妊婦さんに 実に有効な療法ですsign03

3.png
 
 

鍼灸での風邪治療

鍼灸は古来から風邪の諸症状を治してきました

発熱をとり、喉の痛みから解放し、体の倦怠感をとってきました。

西洋学のお薬のように症状を無理矢理に押さえ込むのではなくて、体が本来持っている治る力を使うのです

そのために体表から内臓に至るまでを診断し治療にあたります

例えば風邪は、肺が弱った状態からおこります。

肺が弱ると体が冷えやすくより弱くなって症状を悪化さえてしまうことがあります

ですので肺の力を取り戻し、体をお灸で温め 芯から体を良くしていくのですconfident

 
 

オステオパシーの風邪治療


加えて当院で行うオステオパシーは 筋肉 骨 神経 内臓のバランスを整える療法になります

姿勢や過去のケガ、日常的な癖から起こる慢性的なゆがみやそれに伴う緊張から自律神経バランスが乱れ風邪を引きやすくなったり様々な症状がでるとしています

妊娠中であれば特に 筋肉 骨 神経 内臓 の状態に大きな変化がありますしその相互バランスも崩れやすい状態です

その崩れた状態でいると風邪を引いてしまうのです

ですので、バランスを整えることで、体の本来持っている自己治癒力を正しく導き、風邪の発熱や喉の痛みなどの嫌な諸症状から解放していきます


いずれの療法も妊婦さんに優しく 心地よい刺激で体の治癒をうながすものです

ですので

もう一度お伝えしますsign01

風邪を我慢しないで下さいsign01

辛さを我慢しないで下さいsign03


あき鍼灸院のロゴ.png


カテゴリ:

< むずむず脚症候群(むずむず病)の治療(鍼、灸、オステオパシー)  |  一覧へ戻る  |  ものを飲み込みにくい、喉のつまり、違和感の治療 >

このページのトップへ