HOME > このような症状の方にオススメ > アトピー性皮膚炎

このような症状の方にオススメ

アトピー性皮膚炎

こんなお悩みをお持ちの方
  • お薬なるべく使いたくない
  • かゆみをどうにかしたい
  • 鍼灸が良いと思うが、どこにいったらよいかわからない

imgl_12.jpg
アトピー性皮膚炎は

当院では、内側の状態の悪さが外に出てきて症状となっていると考えています。


 

アトピー性皮膚炎への西洋学的な考え方と治療

アトピー性皮膚炎は、文字通り皮膚の炎症が起こります。皮膚の炎症が痛み物質を発生させかゆくなります

湿疹と乾燥をくりかえして、かゆみを伴います。

そして皮膚のバリアー機能の低下も起こります。

かゆいのでかくとまた熱をもって、痛み物資が発生してかゆみが増すいう悪循環を繰り返してしまいます。

ですので、熱をとり痛み物質がなくなるとかゆみはおさまります。

ステロイドなどのお薬は、これを薬効成分で鎮痛させていくのです。

ですが、お薬の治療は、その時の不快感を一時は楽にしますがそれまでです。

アトピー性皮膚炎の根本を治療しているわけではなくあくまでも炎症反応と鎮痛効果を狙ったものです。

西洋医学的には、
原因は様々でストレスによる自律神経の問題や、体内に常在する細菌の問題とも言われています。

免疫の過剰反応とされている病気ですが、お薬を塗るだけではこの免疫の過剰反応は収まりません。


 


アトピー性皮膚炎の鍼灸治療

では、お薬の治療でないアトピー性皮膚炎に対して鍼灸治療はどのようにアプローチしていくのでしょうか?


東洋古典医学では、皮膚は『肺』の支配を受けていると考えられています。

肺の支配で皮膚の毛穴(湊理=そうり)の開け閉めができるので、体の中の熱がそとに出て行きこもらずにすみます

また外が寒いと、湊理をとじて熱が外に出て行かないようにするのです。

アトピー性皮膚炎はこのコントロールがうまく出来ない状態です。



うまく出来ないのは

『肺』の直接的な弱りによるもの

『肺』に食物から頂いたエネルギーを供給する『脾』の弱りによるもの

『肺』のに熱が多くなりすぎないように『水』の作用で鎮める役割のある『腎』の弱りによるもの


そして

瘀血(おけつ=流れの悪い血)を作り出してしまう『肝』の弱りにより起こるもの

が挙げられます。



いずれも弱ってしまうと熱を発生させます。空焚きの鍋のイメージです。




この熱が発散できれば良いのですが、発散する力がないので皮膚の下にこもってしまいかゆみを発生させるのです。

熱を取る治療だけでは、お薬と同じようにまたかゆみが発生してしまいます。

ですので

弱っている部分を整えて、熱が発生しないようにする治療

毛穴の開け閉めが出来るようにする治療

自力で出来ない熱の発生を促す治療


が大事になってきます

ただ、①、②は弱っているところ立て直して行くのですからすぐに効果が出てくるものではありません

ですが、じわじわと体のバランスがとれてくると、多少のストレスでは崩れにくい状態になっていきます。

③の治療はその時のかゆみを発散させてしまえるので一時の効果があります。

ですので、それぞれの治療法を併せながら進めていく方法をとるのです。


【補足】
ステロイドは『肝』『腎』の働きを弱らせてしまう作用があります。

長期的な使用は体に負担を与えているので、そこから『肝』『腎』を立て治す時間が必要になります。


figure.png

オステオパシーで治療

カラダ、各ユニットは複雑に関係し合う。
 
また当院で取り入れている『オステオパシー』の考えのもと、『骨』『筋肉』『神経』『内臓』の相互バランスを取ります。
例えば、皮膚の緊張は筋肉の緊張につながりますし、内臓、神経にもお互いにつながり、連鎖を生んでいきます。また逆もしかりです。
『骨』『筋肉』『神経』『内臓』の相互バランスを取ることで、緊張から解放し、治癒力を高めていきます。

自らの体内環境が乱れることで外からの影響を受けやすくなり、姿勢が乱れ内臓の位置も崩れてくることもあります。これでは痛みのある場所だけを治療していてもその時は良くてもまたツラくなってきてしまいます。
ですので、外側だけでなく内側をしっかり整える必要があります。内側にも働きかけることで、より治療効果が出てくるのです。

当院ではこの『鍼』『灸』『オステオパシー』の三つの療法で多角的に診断し、外側だけでなく内にも働きかけることでツラサの根本から治療していくことで結果を出しています。『鍼』『灸』『オステオパシー』の三療法を持ってカラダのバランスが取れてくると心身のバランスも安定していきます。こうした治療を続けることで肉体的、神経的にバランスの取れた状態になりそれぞれの症状が改善していきます。

おひとりで悩むのではなく、まずはご相談ください。

あき鍼灸院
TEL 075-231-7170
メールでもご予約を承っております。

このページのトップへ