HOME > このような症状の方にオススメ > めまい、耳、鼻の病

このような症状の方にオススメ

めまい、耳、鼻の病

こんなお悩みをお持ちの方
  • 耳鳴りが続いている
  • 突発性難聴(耳鳴り、耳閉感)がある
  • めまいが出る
  • 肩や背中がつらい
  • 副鼻腔炎、鼻炎、鼻出血がある
  • マッサージや電気治療でも改善しない
  • お薬の効果があまりみられない、もしくは使いたくない
  • 鍼灸を受けてみたいが、どこにかかれば良いかわからない

めまい、耳、鼻の病を鍼灸で治療

dizziness_img01.jpg
こうした耳鳴り、難聴症状、鼻の症状などにたいして鍼灸、オステオパシーは実に有効な治療法の一つです。

難聴の原因は、職業や精神的なストレスなどといわれています。

伝音性難聴は、中耳と外耳が悪くなります。

感音性難聴は、内耳などが悪くなります。感音性難聴には内耳性難聴と後迷路性難聴に分けられます。
さらに後迷路性難聴には神経性難聴と中枢性難聴があります。

突発性難聴は、原因不明で急に聞こえなくなり、耳鳴りや耳閉塞感がでたり、めまいが起こることもあります。

低音性難聴は、低い音域が聞こえくなるもので、急に発症します。これもまた原因は定かではありません。

耳鳴りは、原因不明のもの、脳血管障害、血圧の異常、糖尿病、甲状腺異常によるもの、精神的なもの・・・などがりあります。


 

鍼灸で根本治療!

東洋古典医学では、これを五臓(肝、心、脾、肺、腎)の五臓からの不調、アンバランスからくるものとしています。

なかでも多いケースとされているのは、『腎』との関連です。

過労やストレスなどにより 腎と関係がある 『水』を不足させたことで熱が発生して、上に昇りのぼせた状態になって、耳の病になるとされています。

また鼻血や鼻炎などものぼせている状態です。身体の陰陽の交流ができておらず、また病で消耗した気血水がしっかりしておらず身体が弱っている状態です。

これでは、またより深い病にかかる恐れがあるので一刻も早くに身体を立て直さなければなりません。

お薬などがなかなか効かない場合は、病の根本治療ができておらず対処療法に終わっているからです。 

これを改善していくには、五臓を整え『気』『血』『水』をながし陰陽のバランスを取る必要があります。バランスをとることで、自然治癒力が上がり治癒につながっていきます。

 
『鍼』『灸』でバランスをとり、内側の五臓(肝、心、脾、肺、腎)を整え、『気』『血』『水』をよどみなく流して、内側と外側とのバランスを取ることで病に対して局所だけの治療よりも効果が出てきます。


figure.png


めまい、耳、鼻の病をオステオパシーで治療

カラダ、各ユニットは複雑に関係し合う。
 



 
 

身体の内側と外側のバランスをとる治療


例えば耳鳴りや難聴の治療では、頭蓋骨の調整を行います。

一見全く動いていない状態に見える頭蓋骨も実は微細ではあるが動いています。

これはアメリカのミシガン大学とNASAとの共同研究のもと、頭蓋骨には動きがあることを証明する研究発表を行っています。

この頭蓋骨の動きが上下左右バラバラだったり、動きに偏りがあると様々な症状のもととなります。

耳鳴りや難聴も頭蓋骨の動きが硬くなっていたり、左右の動きがバラバラになってしまい症状として出てくるのです。

ですので、これを調整していくことで耳鳴りの治療の一つとします。

オステオパシーではこうした病を多角的にとらえて、『骨』『筋肉』『神経』『内臓』の相互バランスを取り、緊張や負担から解放していくことで、効果が出てくるのです。



 
 

一時的な楽さだけを求めない治療

『鍼』 『灸』 『オステオパシー』を使った治療で
 
耳鳴りが続いて気持ちも落ち着かない

突発的な難聴が起こった

慢性的な鼻炎が続いている

花粉症をどうにかしたい


・・・などに対して多角的な診断と治療でアプローチしていきます。


カラダのバランスが取れてくると心身のバランスも安定していきます。

こうした治療を続けることで肉体的、神経的にバランスの取れた状態になりそれぞれの症状が改善していきます。



おひとりで悩むのではなく、まずはご相談ください。

あき鍼灸院
TEL 075-231-7170
メールでもご予約を承っております。

このページのトップへ