HOME > このような症状の方にオススメ > 手首やひじの痛み

このような症状の方にオススメ

手首やひじの痛み

こんなお悩みをお持ちの方
  • 手首やひじが痛む
  • 子供を抱っこする時間が長くて痛む
  • 手を使うお仕事している
  • レントゲンやMRIではわからなかった
  • マサージや電気治療ではよくわからない
  • お薬が効かないもしくは極力使いたくない
  • 鍼灸が良いと思うが、どこにいったらよいかわからない

imgl_06.jpg




腕周りをよく使う方、とくに小さなお子さんをお持ちのお母さんからよく聞く症状ではあります。

ほかには、調理師さん、デスクワークの方などにも見られます。

いわゆる使いすぎの腱鞘炎ともいえます。


 
 

いつか治るだろうと我慢しないで下さい!

これをいつか治るだろうとそのままにしていたり、一時的に痛みがましになるような処置をしているとあとあと困ったことにもなりかねません。



肘だけでなく手首も痛み出したり
肘の曲げ伸ばしが固まってできない
五十肩のように腕をあげると肩が痛む
肘や肩にうずく痛みが出てくる
手のしびれ
肩こりがひどい
背中の痛み
頭痛がでる。もしくは、以前よりも回数が多くなる


・・・などなど

連鎖的に違う病を作り出していくことがあります。

初めは、一か所。一つの症状だったものが、二つ三つと慢性的なればなるほど増えていく恐れがあるのです。

ですので、未病(みびょう)『病を未然に防ぐ』の考え方のもとできるだけ早く、状態の軽いうちから治療してくことが大切になってきます。



 



手首や肘の痛みを鍼灸で治療する

 
 

なぜ手首や肘の痛みが起こるのか?


手首や肘の痛みは血の力の弱りからきます。

使いすぎ

睡眠不足

過労などの

ストレスは血を大きく消耗します。

こうしたストレスは『血』の力を弱らせてしまいます。

ですので、痛みのあるところを集中的に触って治療しても楽にならない状態が生まれます。

 
 

『血』は『肝』と関連があります。

血を大きく消耗したままだと、治る病もなかなか治りません。

『肝』にアプローチすることでストレスによる緊張からカラダを解放し、

肘や手首に合わせて治療を行うことで、つらい場所だけの治療よりも効果が出てきます。

体の外側だけでなく内側も整えることが、つらさの解消の近道になります。





figure.png

手首や肘の痛みをオステオパシーで治療する

カラダ、各ユニットは複雑に関係し合う。
 
 

体全体の緊張のバランスをとる


手首や肘が痛んで緊張しているということは、肩や背中首なども緊張しているといえます。

神経の緊張は筋肉や内臓に伝わりますし骨の歪みは、『内臓』『筋肉』『神経』へと緊張を生みます。

ですので、この緊張を解放することで、相互バランスが取れて痛みなどの不快な症状の改善へとつながります。


 
 

体内環境が乱れることで姿勢も悪くなります

姿勢の悪さは、背中や肩の緊張を生みます。

その緊張は、腕周りにも影響を与えて、手首や肘の緊張から痛みを発生させるのです。

肘や手首の治療をしていてもいっこうに改善されなかったり、一時的には楽でもすぐに痛み出すような状態は

他の場所の状態の悪さを疑わなければなりません。


 
 

多角的な診断と治療


『鍼』『灸』『オステオパシー』の三つの療法で多角的に診断し、外側だけでなく内にも働きかけることでツラサの根本から治療していくことで結果を出しています。

カラダのバランスが取れてくると心身のバランスも安定していきます。

肉体的にも神経的にもバランスの取れた状態になりそれぞれの不定愁訴が改善していきます。





おひとりで悩むのではなく、まずはご相談ください。

あき鍼灸院
TEL 075-231-7170
メールでもご予約を承っております。

このページのトップへ