HOME > 患者様の声

患者様の声

患者様のお声

本文(原文のまま)
記載年月日  年 月 日

お名前(イニシャル):    T.K 様
ご職業:飲食業
性別:女性
年齢:42歳


【ご症状】

くび、かた、腰がつらかったです。

治療後、楽になりました。




Scan1.JPG

(↑クリックで拡大してご覧頂けますhappy01)




T.K様 お声を頂きありがとうございますconfident




ご職業が飲食業の方には、肩こり、腰痛は持病というぐらいつきものです。

調理されている方ですと、調理場の下からが冷えやすいために足腰が冷え

顔や頭がのぼせて、つらさが出ます。こうした冷えのぼせは、ひどくなると

耳鳴りやめまいなどの様々な症状にもつながります。

また、お運びさんですと、中腰の姿勢も多いために、肩こりや腰痛以外にも

膝を痛める方も少なくありません。

この患者様は、肩こりが主訴でしたが、診ていると腰にも不安があります。首、肩を治療するときは腰も一緒に診ておくことが大切になります。

たとえご本人につらさの自覚がなくても必要になってきます。

つらい場所と原因となる場所が違うこともあるからです。

慢性的になればなるほど原因となる場所の特定も難しくなります。

辛くなる前の早め早めの治療が大切です。


あき鍼灸院





 
 

患者様のお声


本文(原文のまま)
記載年月日 2014年2月17日

お名前(イニシャル):   H・W 様
ご職業:会社員
性別:男性
年齢:40歳


【ご症状】:首肩の痛みが取れなかった


睡眠時に力が入ってしまっている様でずっと痛みが取れませんでしたが

数回診ていただいて痛みが楽になりました。

自分では気付きにくい内蔵の状態もみてもらえるの嬉しいです。

患者様のお声.jpg
(↑クリックで拡大してご覧頂けますhappy01)




H.W様 お声を頂きありがとうございますconfident

布団や枕の状態などもあるでしょうが、過労などストレスがかかって、本来は回復する睡眠時
 
もH.W様のように寝ていても身体に力が入っていることはよくあります。

枕などがあっていないと感じるときは、体の緊張が強いためにちょっとした変化でも敏感に感じ取ってしまいます。

また緊張は一定ではありませんので、強弱があります。すごく体に合っていると感じるものでも次の日は全くダメというようなことはよくあります。

この緊張から解放することで、よい枕や布団なども効果を発揮するようになります。

自身の体を改善してなおかつ体に合うものを使うということが大切です。
 
緊張は自律神経も関わってきていますので、治療により自律神経バランスがとれてきてその他の不調もよくなっていくという良い相乗効果も生み出します。


あき鍼灸院
 


<<前のページへ12

このページのトップへ