HOME > このような症状の方へ > 五十肩

このような症状の方へ : 五十肩

こんなお悩みをお持ちの方

  • 頭を洗うのがつらい
  • 腰に手をやるのがつらい
  • 電車の吊革が持てない
  • ダル痛くて動かさなくても夜寝るのもつらい時がある
  • レントゲンやMRIを撮ったが原因がわからない
  • ブロック注射の効果が切れるとぶり返してくる
  • マッサージや電気治療でもその時だけしか効果がない
  • 鍼灸が良いと思うが、どこにいったらよいかわからない
五十肩とは、50歳代を中心に40~60歳代の方に多く起こる肩関節の痛み(肩関節周囲炎)です。

洗髪動作や帯び締め動作など、肩を動かす時に『イタっ』と痛みがはしったり、ひどくなると鈍痛で夜も眠れなくなったり、しびれが出たりしていきます。

そうして動かさないうちに、ますます肩周り~腕が固まりお箸を持つのさえツラくなることもあります。

こうした五十肩にたいして『鍼』『灸』治療を継続することで、痛みや可動域の改善はみられます。

事実WHO(世界保健機構)においてその有効性は認められています。



内臓のアンバランス!

五十肩はホルモンバランスや自律神経の乱れる時期と重なっているため、

内臓などバランスの乱れが原因の一つとも言われています。

この内側の状態の悪さが外に出て症状や痛みの元となっていきます

内臓を調整して緊張を緩めると神経を介して筋肉、筋膜が緩み頑固な五十肩が緩んでいきます。



五十肩を鍼灸で治療

例えば肩の前側の痛みに対して治療するとき、肩の前側は東洋古典医学では(肺)につながっています。

肺と肩や背中の緊張とは大きくつながっています。肺へのアプローチは、背中の緊張をとることにもなるのです

また(肺)(脾)とも関連があるためにこれらにアプローチすることで、痛む場所だけを治療するよりも効果が違ってくるというわけです。

こうして五臓(肝、心、脾、肺、腎)を整えることが大切です。

『気』『血』『水』をながし陰陽のバランスを取ることで、自然治癒力が上がり治癒につながっていきます


 

肩の痛むところを治療してもすぐにまた痛むsign01と言うご経験はされていませんか?

 
その治療は、五十肩の根本治療になっていないからその場しのぎなのです。

夜にうずく

温めていると楽

などのお声を五十肩でお悩みの方から良く聞きます。

単純な筋肉の固さだけではなく、このような神経痛の痛みも併発してしまうのが五十肩です。

ほっておいて治るものではありませんし、肩だけを治療していれば良くなっていくものでもありません。

こんな痛みとは、早く別れて下さいsign01

痛む場所とは別の場所に原因があると考えて診断、治療を行うことで、そんなお悩みにお応えしていきます。



figure.png

 



五十肩をオステオパシーで治療

 

五十肩の治療について

五十肩であれば肩につながりのある首や背中を見る必要もありますし、

鍼灸治療のところでもお伝えしましたが『内臓』の緊張が背中に出て、肩に及んでいる場合もあります。

内臓は筋膜に覆われていますし、その筋膜は全身を覆っています。

当然、肩にも筋膜はありますので、内臓が緊張していると、肩だけ緊張を緩めてもすぐに元に戻ってしまいます。

 
このようにバランスが崩れると、崩れた場所の他にも緊張がかかって、痛みやだるさ、しびれといった不快な症状を生み出すことになります。


自らの体内環境が乱れることで外からの影響を受けやすくなり、

姿勢が乱れ内臓の位置も崩れてくることもあります。

これでは痛みのある場所だけを治療していてもその時は良くてもまたツラくなってきてしまいます。

ですので、外側だけでなく内側をしっかり整える必要があります。

内側にも働きかけることで、より治療効果が出てくるのです。


 

肩も内臓も治療してお互いのバランスをとることで、痛みを早く楽に解消していけるのですnote

こうして『骨』『筋肉』『内臓』『神経』のバランスをオステオパシーでとり緊張を解放していくことで自然治癒力を引き出し治癒に向かってきます。


こんなお悩みはありませんか?

痛み止めも湿布も効かないbearing

注射をしてもまた痛み出すsad

夜も痛くて眠りが浅いweep

頭を洗ったり、手を伸ばすことが出来ないwobbly


などのつらさから早く解放されて下さいsign01

スッキリとして痛みにわずらわされない毎日を手に入れて下さいsign03happy01


あき鍼灸院では
『鍼』『灸』『オステオパシー』の三つの療法で多角的に診断し、

外側だけでなく内にも働きかけることでツラサの根本から治療していくことでお応えしていきます。

『鍼』『灸』『オステオパシー』の三療法を持ってカラダのバランスが取れてくると心身のバランスも安定していきます

こうした治療を続けることで肉体的、神経的にバランスの取れた状態になりそれぞれの症状が改善していきます。

おひとりで悩むのではなく、まずはご相談ください。



あき鍼灸院
TEL 075-231-7170
メールでもご予約を承っております。

『つらい状態』へのあき鍼灸院の考え



薬でも他でも改善していかない状態をあき鍼灸院では
脳と交感神経の働きすぎ

カラダの異常箇所からの脳への負担
と考えています


脳へストレスが過剰にかかる
その支配下にある自律神経
特に交感神経が働きっぱなしになります



交感神経は緊張させるための神経です
交感神経が働きっぱなしで興奮した状態が長くつづわけです



するとカラダは常に緊張状態になり 少しの刺激にも過敏に反応しやすくなります



脳で感じている姿勢とカラダで感じている姿勢にも解離が起こって『つらい状態』として現れてくると考えています


つまりストレスが沢山かかって
『脳と交感神経の誤作動』
がでてくるのです


これが薬や他の施術でもとれない『つらい状態』の原因になります



では『脳へかかるストレス』とは?

ストレスには大きく分けて3つあります
  1. 季節変化や暑さ寒さなどの外的影響
  2. 日常生活や仕事から起こる心理的影響
  3. カラダの異常を脳が常に感じて起こる身体的影響
この3つのストレス要因のうちの
3.カラダの異常が脳へ負担をかけて起こる身体的影響
『辛い状態』をつくるもう一つの原因になります





3カラダの異常が脳へ負担をかけて起こる身体的影響

とはなんでしょうか?


 それは


姿勢不良からくる歪みや過去の事故や手術や骨折でこわばったまま緊張したままの箇所からくる信号を常に受け取り
脳が休めていない状態になっていることです





例えば腰が歪んでいたとして それに合わせて首や姿勢も歪みます


歪みからくる筋肉の緊張が脳へかかるだけでなく、歪んだ姿勢から重心を真っ直ぐに保とうとして脳が常にフル活動することになります



すると自律神経 交感神経にも影響がでだして脳も神経も休めなくなり『辛い状態』として表現されるのです


そしてこれこそが施術のポイントとなっていきます
脳も交感神経も休めるカラダにしていくのです





『つらい状態』へのアプローチ



姿勢不良からくる歪み
過去の事故や手術や骨折で影響を受けているカラダを正して脳と交感神経を休めるようにしていきます


その為の基本的施術として

  • 骨盤の歪み
  • 背骨の歪み
  • 頭蓋骨の歪み

を改善していきます
頭蓋骨調整と骨盤調整



そして


3つの歪みをとりつつ
過去の事故やケガ 手術の影響で緊張してバランスが悪くなっているところがあればそこへアプローチします



最後に鍼灸で働きすぎな脳と交感神経を鎮めます


自律神経的にもバランスのとれた状態をカラダになじませていきます



一期一会の感謝を持って


鍼灸院 整骨院が乱立していて選べないしどこにいけばよいかもわからなかったと患者さんからよく耳にします


事実

『楽になった』

『辛さを我慢しなくてよくなった』

『好きなことができるようになって楽しい❕』


と大半が紹介頂いていらっしゃる方ばかりです


一期一会の出会いに感謝しつつ心身を引き締めて施術しています


悩まれているようでしたらご相談からでもお気軽にご連絡ください