HOME > あき鍼灸院 ブログ > アーカイブ > 胸郭出口症候群

あき鍼灸院 ブログ : 胸郭出口症候群

胸郭出口症候群の治療について

こんにちは
 

京都市中京区二条 あき鍼灸院のブログをご覧頂きありがとうございますhappy01


胸郭出口症候群の治療点として 第一肋骨が挙げられます第一肋骨.JPG
胸郭出口の神経叢の真下にある肋骨です

肩を触ると首の付け根に触る骨です第一肋骨2.JPG
これが何らかの影響で障害が起きて動きが硬くなっているとします


肋骨は呼吸と連動して動きます肋骨の動き.JPG
吸うと広がり 吐くと小さくなります

このとき第1~第6肋骨は上下に動きます

7~10はバケツの持ち手の動きをします



第一肋骨の動きが悪くそこに呼吸による継続的なストレスにもかかり続けることで

首や肩周りの筋肉の緊張を緩めるだけでは、改善しなくなるのです

ですので、胸郭出口の治療では第1肋骨を治療ターゲットの一つとします。」

1

« 肋間神経痛について | メインページ | アーカイブ | 腰痛 »