HOME > あき鍼灸院 ブログ > 内視鏡手術をする医師の背中~腕のダル痛み(男性50代)/京都 あき鍼灸院

あき鍼灸院 ブログ

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

内視鏡手術をする医師の背中~腕のダル痛み(男性50代)/京都 あき鍼灸院


【目次】
 
  • 内視鏡手術をする医師の背中~腕のダル痛み(男性50代)
  • 職業からの影響
  • 肩や背中や腕にダル痛みが出る理由

内視鏡手術をする医師の
背中~腕のダル痛み(男性50代)
【訴え】
仕事で長時間、腕をあげっぱなしにすることが多く、背中から腕にかけてダル痛みがでてくるようになった
就寝時も痛むので辛い
痛み止めを服用しているが、効き目が落ちてきたので、より強い痛み止めをふくようしている
指先にしびれは出ていない
レントゲンで首と背中の関節にややヘルニアが診られるとのこと



診断
頚椎の7番と胸椎の1、2、3に圧痛がある
首のヘルニアの徒手テストでは、背中や腕のダル痛みが増すことはない


施術
オステオパシー
頚椎と脊椎の右側の緊張が強く呼吸時に使えていないので、これを施術



頚椎の7番と胸椎の1、2、3周囲と腰への置き鍼10分
曲地(きょくち)と太衝(たいしょう)へ置き鍼10分


術後
背中と腕のダル痛みがややマシになっているとのこと


2診目
前回の施術から背中、腕ともにダル痛みが楽になってきているとのこと


前回と同様の施術で様子をみてもらう


その後、計8回の施術で背中から腕のダル痛みは完全消失し、内視鏡手術の時も状態が悪化していないとのこと


現在は痛みで行けていなかったゴルフを楽しめるようになり、快適なご様子 






職業からの影響
腕をあげっぱなしにしている職業では、肩や背中や腕に痛みがでやすいです


今回の内視鏡を扱うような医師だけでなく
  • 大工さん
  • 内装工事屋さん
  • 電気屋さん
など、手や腕を上にあげる職についている方に多い症状になります



肩や背中や腕にダル痛みが出る理由
この症状は、一般的にはヘルニアが原因と思われがちです
事実、ヘルニアが原因となっていることもありますが、それ以外の原因で、肩や背中や腕にダル痛むがでることがあります

 
首や背中の筋肉が過緊張した状態が長く続くと、周囲の神経を巻き込み神経を緊張させてしまいます。
この状態が長く続くと神経の痛みとなって、患部だけでなく、その神経の通り道にそって痛みがでてきます


また、筋肉の緊張は、その筋肉がついてる首や背中の骨を引っ張り関節の歪みを引き起こします


首や背中の関節が歪むと、筋肉や神経を圧迫、緊張させてしまうため、筋肉を緩めるだけではとれない慢性的な神経痛になってしまうのです


この類いの神経痛では、痛み止めの服用だけではなかなか状態が変わっていきません


変わらない痛みは、気持ちも疲弊させてしまい
見た目以上に辛い状態になってしまうことがあります


この神経痛を解決していくためには、
  • 関節の歪み
  • 筋肉の緊張
  • 神経の緊張
を同時にゆるめてもどしていく必要があります


診断によって、それぞれの原因となっているポイントを施術していくことが、肩や背中や腕のダル痛みを改善へと導きます

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >