HOME > あき鍼灸院 ブログ > アーカイブ > 妊娠中 妊婦さんへの治療

あき鍼灸院 ブログ : 妊娠中 妊婦さんへの治療

妊婦さんの坐骨神経痛、腰痛【簡単に注射、お薬に頼れない妊婦】




目次
  • 初めに
  • 簡単には注射や薬に頼れない妊婦さん
  • 坐骨神経痛や腰痛への
  • 妊婦さんの坐骨神経痛や腰痛への鍼灸オステオパシー
  • 坐骨神経痛の妊婦さんのケース
  • 坐骨神経痛、腰痛になりやすい腰
カラダと姿勢の変化
カラダの内側からの緊張

  • 坐骨神経痛の改善へ向けて
西洋学的
鍼灸とオステオパシー


  • まとめ


 
初めに
妊娠中の坐骨神経痛はよくみられます

出産に向かって身体が変化してくることと お腹の赤ちゃんがどんどん大きくなり

内臓や筋肉を圧迫してくることが原因の一つです。

お尻の痛み

太もものだるさ痛さ

ふくらはぎの倦怠感


などそのつらさは様々です






簡単には注射や薬に頼れない妊婦さん
妊娠してから母乳で赤ちゃんを育てる女性は注射もお薬も 赤ちゃんへの影響も考えて極力使えません

状態によってはお薬の処方もありますが
「自分だけのカラダではない」と
お母さんはできるだけ飲みたくないものです。







妊婦さんの坐骨神経痛や腰痛への
鍼 お灸 オステオパシー
ですので、鍼 灸 オステオパシー といった療法が有効に働きます


例えば急激な体の変化は、腰椎や骨盤に負荷をかけます。

妊娠以前の状態ではなくなるので
姿勢も大きく変化します


変化した姿勢、偏った負荷は、関節の動きを固まらせて筋肉を常に緊張させてしまいます


また赤ちゃんが内側からどんどん圧迫してくるので、その緊張はますます大きくなり


ひどくなると歩いたり 寝るときでさ痛みに悩まされるということになるのです


ですので、動きの悪くなった関節の動きを解放し筋肉の緊張を解放していきます


妊娠中でなければ緊張の軽減とともに痛みも解消していくのですが

妊婦さんは常に体が変化していきますので、一月一回でも定期的なメンテナンスを続けることで よりよいマタニティライフをおくることができると考えています




 
【 坐骨神経痛の妊婦さんのケース 】
女性
妊娠中
座骨神経痛(臀部の痛み)

1週間前より
左臀部(おしり)に体位変換時、歩行時 痛みあり
両足のむくみ
不眠
食欲不振

痛み止めの処方をしてもらい服用すれど症状に変化なし

【診断】
舌診 歯根あり 舌先の赤み
脈診 腎の弱り
切経 太谿 太白の虚

座位で体の左回旋が硬い




【診療】1診目 
オステオパシー)
側臥位にて仙腸関節 と 胸、脊椎の調整(直接法)



鍼)
太谿 太白 臀部圧痛点 腎 肩背に置鍼

温灸)
臀部圧痛、腎兪

治療後左回旋しやすくなる
痛み10→7に軽減
座位にて曲泉、陰谷に接触鍼
立ち上がり時の痛み軽減
様子を診てもらう






【診療】2診目 
前回の治療後便通が良くなったとのこと
歩行時の痛み変わらず
不眠変わらず


オステオパシー)
座位にて   胸、腰椎の調整(直接法)
仰臥位にて  頸椎の調整(直接法)

痛み10→5に軽減



鍼)
太谿 太衝 臀部圧痛点 腎 肩背に置鍼

温灸)
臀部圧痛、腎兪



治療後 起き上がりがスムーズになる
座位にて陰陵泉、足三里に接触鍼
立ち上がり時の痛み消失
左に重心を移すとやや痛む

座位にて腰臀部のオステオパシー(間接法)
足踏みでも痛みが無くなる
左へ重心を移すと痛むが、痛む範囲が小さくなる
歩行時痛消失
様子を診てもらう




 



坐骨神経痛、腰痛になりやすい腰

カラダと姿勢の変化
妊娠すると妊娠初期、妊娠中期、妊娠後期とカラダの変化やそれにともなって姿勢の変化がでてきます


カラダの変化や姿勢の変化が腰や坐骨神経痛を圧迫し緊張させ坐骨神経痛になることがあります




カラダの内側からの緊張
また
妊娠中の女性は、子供の成長に伴って体の内側からどんどん圧迫を受けます


内側からの圧迫は内臓や横隔膜への圧がかかります


妊娠中の女性からの声や実際に施術していて感じることは妊婦さん全般に呼吸が非常に浅くなっていることです


浅い呼吸とは肩で呼吸していて
お腹では呼吸がしっかりできていない状態です


お腹で呼吸ができていないと、お腹や腰周りの筋肉を動かせていません。


動かしていない筋肉は硬く緊張しやすい筋肉になってしまいます


すなわち

腰痛や坐骨神経痛になりやすい腰になるのです





坐骨神経痛の改善へ向けて

妊娠している場合の坐骨神経痛への施術は慎重に診断し選択して進めていかねばなりません
お腹の中の子供への影響、母体への影響を考慮する必要があるからです



西洋学的
妊娠していなければ、西洋学的であれば
  • シップ
  • 痛み止め処方
  • 牽引
  • ストレッチ
  • ビタミン剤
  • 電気治療

大きな手段としては坐骨神経へのブロック注射や手術といったものがあります

ですか、妊娠するとブロック注射や手術などはリスクがありますし、薬の服用も慎重になる必要があります



マッサージであってもリラクゼーションマッサージではなく医療マッサージであり、国家資格を持っているところがよいでしょうし、妊婦さんの施術の経験の有り無しを聞いておくことをおすすめします

特に国家資格は一定以上の勉強をしている証明になりますので、確認できればしておく方が良いでしょう



 
鍼灸とオステオパシー

鍼灸は妊娠中への施術は理論体系があります
オステオパシーも理論体系や研究が大学で進めらています

両施術で言えることは、出来るだけ最小限の刺激で最大の効果が得られようになっているということです

ただ一つの注意点としては、やはり施術者に妊婦さんの施術経験があるかどうかと国家資格を持っているかどうかです


また、徒手療法の利点としては、薬などと違い自身のカラダの自己治癒力を使おうとすることです


あき鍼灸院では、骨盤を低刺激で調整し、鍼灸で内側(神経、内臓)と外側(筋肉や筋膜)を調整する手法で、妊婦さんへの坐骨神経痛に対応しています


※あき鍼灸院では国家資格を所持しており、妊婦さんへの施術を行える施術院です




 

まとめ
妊婦さんは日々の状態や姿勢の変化から坐骨神経痛や腰痛になりやすい


お腹の子供への影響を考えるとカラダが辛くても簡単には薬を使えない 


妊娠中の坐骨神経痛や腰痛に対して、薬ではなく姿勢の調整などでカラダに働きかける鍼灸オステオパシーの手技療法の手段がある

母体のカラダの変化や姿勢の変化が腰や神経を圧迫して坐骨神経痛を引き起こすケースがある
呼吸が浅くなり腰の筋肉が満足に使えないと坐骨神経痛や腰痛になりやすい

改善方法としては大きな刺激は、お腹の子供と母体への危険性があるためブロック注射や手術はおすすめできない
また薬の服用も慎重になる必要がある


マッサージや鍼灸、オステオパシーには少ない刺激で多きな効果を生む手法があるが、妊婦さんへの施術経験の有無と国家資格を持っているかは確認しておくほうがよい
国家資格は一定以上の勉強を積んだ証明である

徒手療法は自己治癒力を引き出して坐骨神経痛の改善に対応している

※あき鍼灸院では国家資格を所持しており、妊婦さんへの施術を行える施術院です

 
↓クリック

妊娠・出産ランキング

腰痛(妊娠中の腰の痛みについて)

目次
・妊娠すると体に様々な変化がでてきます。

・妊婦さんの腰痛に対する解剖学、機能学、オステオパシーからの考え

・腰痛への施術

・妊婦さんの腰痛に対する鍼、灸

・なぜ腰が痛むのか?(古典東洋医学の考え)

・まとめ

・終わりに


 
妊娠すると体に様々な変化がでてきます。妊婦さん.gif













その変化に伴った不調やつらさは妊婦さんからよく聞こえてきます。


肩こり

悪阻(つわり)

むくみ

座骨神経痛


など、妊娠するまで気にならなかったことや つらさがでてきます。

そして、つらさに対して 我慢してしまっている妊婦さんがいらっしゃるのも現状です

こうしつらさのの一つに

腰の痛み

があります

そしてこの病に対して、鍼、灸、オステオパシー はとても有効な治療法になります




 
 

妊婦さんの腰痛に対する
解剖学
機能学
オステオパシーからの考え


妊婦さんは、お腹の赤ちゃんが大きくなるに連れて姿勢や体の重心位置が妊娠前にくらべて変化していくことで腰痛が起こりやすくなります

 

お腹は前へ出るので、バランスをとるためにのけぞった状態になり 頭の位置が今までよりも後ろにきてしまいます


この状態は、常に背中と腰へ緊張を生んでしまいます。



そして上半身の負担と地面からの突き上げも加わることで、痛みが生まれるのです



ですので、まずは体を妊娠の変化に合わせなければなりません


この変化にあわせる治療をオステオパシーと鍼、灸で行っていくのです




腰痛への施術
具体的な一例では骨盤.jpg
オステオパシーでは、仙腸関節のずれや固さを調整して、腰回りの緊張から解放していきます。



また頸椎、胸椎、腰椎の固まった部位を緩和します。
首と背中を柔軟にして、腰だけにストレスがかからないようにしていきます


腰だけでカラダ支えず、カラダ全体で支えられるようにしていくのです。






 
 

妊婦さんの腰痛に対する鍼、灸

DSC_1087.JPGのサムネイル画像
鍼、灸ではその方の体の状態に合わせて方法をとります
五行色体表.png

肩、背中、腰へのツボをとることもしますが、それ以上に大切なのが

なぜその腰痛が起こっているかです。

東洋医学では肝、心、脾、肺、腎の五臓のバランスをとります。




 
なぜ腰が痛むのか?(古典東洋医学の考え)

古典東洋学では腰痛は内臓のバランスが崩れているから、筋肉や腱や関節に影響して起こるとしています。


内臓のアンバランスは個人個人で違います

「腎」のツボを使って楽になることもあれば、「脾」のツボを使って楽になることもあります。

一人一人に異なる原因があるため治療前の診断がとても大切になるのです



 
まとめ
妊娠期間はカラダが急激に変化します

伴って肩こりやつわり(悪阻)などの辛さが出てきます
腰痛もその一つです


お腹が大きくなって前方にでてくると、姿勢が変わってきて背中や腰が緊張しやすくなります。


日常生活のちょっとした動きも負担に感じやすくなります


オステオパシーでは腰の骨や仙腸関節など妊娠中に負担になりやすく、固まりやすい関節や筋肉や腱を緩めて腰の痛みに対応します


また


鍼、お灸は硬くて緊張して痛むところを緩めるのはもちろん、内臓の緊張や弱りを腰痛の原因の一つとして施術し内側からも腰痛に対応するものになります。




 
終わりに
鍼、灸、オステオパシーを併用することで、筋肉、骨、神経、内臓の緊張の緩和とバランスをとることができます。
つらさを我慢することのないマタニティーライフの一助になれればと考えています。

「あき鍼灸院」



 


季節から見た つわりの治療(夏場編)

 
人の体は春夏秋冬にあわせて変化していきます

その時にもっともあった体になるのです。

暖かい時期は体の中に熱気がこもらないように発散します

寒い時期は、体の熱が外気に奪われないようにします


季節にあった食べ物も夏のものでしたらあっさりとして熱がこもらないようにできていますし 冬のモノでしたら芽吹きの春に向けた力

を蓄える上でもしっかりとしたモノ お魚でしたら脂ののったモノなどが体に合っておいしいですよね


食べ物も人の体も草木も春夏秋冬に体を併せているのです


 
 

湿気とつわり

 
妊娠はバランスが崩れやすくなります。

もしくは、もともと持っている体質の弱い部分が出てきやすくなります。

季節、外の環境にからだが左右されやすく、湿気の多い夏場などは この湿が絡んだつわりが多くなります

湿は体の中で滞った水分と考えて下さい。

水分が体の外にも上手に出てくれればよいのですがため込む状態になっています。

水を飲んでも吐いてしまう状態にもなります。

ですので、湿を流し 緊張して持ち上がった胃を落ち着かせてやります


肩こりや腰痛も湿に伴って出てきています。

このときの肩こりや腰痛は揉んだくらいではとれなかったり、すぐにつらくなってしまうのですが、湿を通すことでとれていきます。


経穴(ツボ)でいうと

陰陵泉、豊隆、などを使います。


実際に治療をしていると、初めは気持ち悪くて体も緊張していたものが スーと解放されるようで 受けられた方はウトウトと寝ていらっしゃいます。confidentsleepy




京都市中京区あき鍼灸院

 

1

« 坐骨神経痛 | メインページ | アーカイブ | 妊娠中の風邪の治療について »