HOME > あき鍼灸院 ブログ > アーカイブ > 坐骨神経痛

あき鍼灸院 ブログ : 坐骨神経痛

神経痛

一口に神経痛といっても、

座骨神経痛

顔面神経痛(三叉神経痛)

☑肋間神経痛

・・・など痛む部位が異なり、また糖尿病や脊髄・骨髄炎・ヘルニアなどの他の病とともに発症することもありますし

原因が定かではないものもあります


 

冷えが原因の一つ

東洋医学では神経痛は、外からの影響によって起こるとされています

特に冷え(寒邪)が主な原因となります。

多くの場合、過度な労働などのストレスに体が弱り、血が不足し、筋肉が疲労したときに、寒邪が加わると起こります

あるいは打撲や骨折、手術の後が瘀血(おけつ=流れにくい血)となり、血行が悪い状態に寒邪が影響して神経痛が発症します。




治療

ですので治療では、筋肉や骨へのアプローチに加えて体をたためる治療が有効になってきます

お灸はその代表格です。

人によって効くツボは変わってきますが、じわ~と体の芯にしみこむような温かみがありますhappy01


足三里や三陰交などはよく使われるツボです
足三里.jpg
『膝から指4っつ分下に下がった、すねの筋肉の部分が足三里』

『うちくるぶしから上に指4っつぶん上がった すのねの骨のきわが三陰交』


 


注意

①入浴

神経痛は、温めると楽になりますが、長時間の入浴は悪化させることがあります

温めた反動で、体温がとられて冷えてしまうからです。

 
②お酒
神経痛にお酒は厳禁です。

お酒は『肝』に負担をかけます。また血の陽気をどんどん発散さえてしまうので、ただでさえ疲労で不足したり弱っている血がもっと弱ってしまいます

またお酒の後は、反動で冷えていくのくので良くありません。

事実なかなか治らない座骨神経痛が、お酒をやめると劇的に改善していった例もあります。sun

春の病

 冬に養生

暖かくなってくる春は気分の良いものですが、病が出てくるときでもあります。sweat01

東洋医学の古典の中に、冬の間は体を休めて養生しましょう というものがあります。

冬に力を蓄えて、春の芽吹きのために備えるんですね。clover

植物と同じように、人も環境の影響を受けます。そして、四季に応じて一見してわからなくても

体は変化しているのです。confident

 
冬に体を休め、メンテナンスをして春に活動しやすくするのですが、養生できていないと春に突発的に病を発症することがあります。

春の陽気に応じて体からも陽気が発せするのですが、冬に養生できていないばかりに、発生させる陽気が足りずに起こる病です。

例えば花粉症などのアレルギー性の病ですね。crying

免疫システムの過剰な反応とされていますが、免疫システムのバランスが崩れるくらい体を崩しているのです。

冬に対策を立てて、体調管理をしていれば春も元気に花粉症に悩まされることもないというのが 東洋医学の考え方です。happy01



 他の病であげると・・・

☑坐骨神経痛

☑顔面神経麻痺

☑ぎっくり腰(急性腰痛)

☑アレルギー性鼻炎

☑寝違え

☑めまい

☑耳鳴り

☑不眠症

☑イライラしたり沈んだりなどの情緒不安定

☑全身や手足の倦怠感

☑皮膚病(アトピー性皮膚炎、じんま疹。。。など)

☑目の病

☑こむら返り

☑胸やのどに引っかかった感じがある

・・・などなど他にも色々とあります。


これら病は、冬から症状が出る前に治療して体調管理をしていくことが一番なのですが、出てしまっている状態からでも個人差で時間が必要なこともありますが、治療していくことで症状の改善ができます。good





大切な筋肉群①(大腿裏編)

皆さんいかがお過ごしでしょうか? 
あき鍼灸院ですhappy01

何回かに分けて大切な筋肉群と称してご紹介していきたいと思います

まずは大腿裏(太ももの裏)です

ここを上手に使えるかどうかは、スポーツをされている方ははもちろん、されていなくても日常生活に関わってくる大切なところですsun

膝を痛める方は、個々の筋肉群が弱いです。前と後ろの筋肉のバランスが悪くなってしまっています。

以前のブログでご紹介した『体の使い方/blog/2014/02/entry_882/』にも書いていましたが、運動のパフォーマンスが

悪い、腰痛が起こる、坐骨神経痛が出る・・・などの悪循環におちいっている方ならば、この場所を使えているか、柔軟性はどうかなどの

チェックするポイントになるところですhappy01

*坐骨神経が、左端の画像の右臀部(おしり)から出ている図があります。一番下の図は神経の走行です
この神経は人体最大の神経(直径2cm)で、腰の4番~仙骨の3番(L4~S3)からでています。
この神経が何らかの原因によって阻害されると、この神経の走行に沿って痛みを生みだします。
腰からおしりの鈍痛、だる痛みや膝の痛み、すねやふくらはぎの痛み、足の指のしびれ感を生み出す原因の一つとなります。

Scan1 (800x532).jpg
(拡大できます


Scan10002.JPG
(拡大できます)
 
 


1

« 喉の病について | メインページ | アーカイブ | 妊娠中 妊婦さんへの治療 »